大陽製粉−福岡・九州で製粉・飼料・営業サイロ・食品事業を展開

会社案内TOPお問い合せ個人情報保護方針サイトマップ

.

社会貢献

大陽製粉は障害者の自立を 全社をあげて支援しています。

コロニー雲仙

弱い立場の人たちが希望をもって、生きていける社会。
それを支えあう、社会を築くことが企業の使命です。

「コロニー雲仙」は、入所施設、福祉工場、サービスセンターなどを持つ≪総合福祉施設≫で、「長崎能力開発センター」は訓練期間2年間で職業訓練するところであり、これまでに数多くの訓練生を送り出して来ました。
訓練部門に、麺製造と、畜産があり、日本で最初に国、民間の第三セクターで始められた能力開発センターで、大陽製粉はこれに協力してきました。
これからも大陽製粉は、「コロニー雲仙」と「長崎能力開発センター」の両者を中心として、仕事を通じ、社会とともに福祉を考え、大勢の人達が幸せに生きていける社会をつくることに貢献し続けていきます。

企業理念

新世紀にふさわしい企業へ 大陽製粉はさらによりよい「食」をご提供します。

 当社は、昭和18年5月、旧八女郡に八女精麦有限会社として設立されました。のちに八女食糧株式会社となり、昭和35年8月に大陽製粉株式会社と社名変更いたしました。この間、工場の焼失、再建、多角化と縮小合理化、そして新事業分野への転進等、順風と逆境の時代体験を経て今日に至っております。創業者鹿野社長以来、長年の夢であり、“志”でありました本社工場の博多港への新設移転は昭和54年3月に実現することができました。

  その後時代の変化に適応しつつ、現在、当社の主なる事業は、製粉、飼料、営業サイロ、食品の4部門となっております。
 製粉部門では最新鋭設備を備え、多目的の用途、要望に応じた高品質の小麦粉と副産物のふすま(全国に先駆けて開発した「スーパーせんかん」)の製造、販売に努めております。併せて安全・安心の確保と地域のご要望に応じて石臼で碾(ひ)いた小麦粉等の多様な小麦粉、ライ麦粉、そば粉などにも力を入れております。
 飼料部門では、オーダーメイドによる混合飼料の生産、一般飼料の販売を通して畜産農家のご要望にお応えしております。
 サイロ部門では、11,245トンの収容力を持ち、関税法に基づく保税倉庫として、政府所管輸入麦類をはじめ穀類のバラ流通の一端を担っております。
 食品部門では当社特選の小麦粉で作られた手延素麺など、食品の販売ではリピーターの方も多く長年ご好評をいただいております。  2006年からはインターネットによるオンラインショップもオープンし全国からご利用いただいております。

 多様化が進む中、安全・安心を考え、小回り性を活かしつつ、地域に密着した事業展開を図り、他社にはない独創的な商品作りに邁進いたしております。先輩方が遺されました“志”と“徳”を次の時代に継承していくため、心新たに、一層の前進と充実を図りたいと考えております。
 今後とも皆様方のご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

大陽製粉株式会社 代表取締役会長 古賀脩平 代表取締役社長鹿野晋

ページトップ