大陽製粉−福岡・九州で製粉・飼料・営業サイロ・食品事業を展開

会社案内TOPお問い合せ個人情報保護方針サイトマップ

.

大陽製粉のあゆみ

昭和18年5月
八女精麦(有)発足(資本金11万)。

昭和18年6月
福岡県八女郡羽犬塚町に精麦工場を建設、操業開始。

昭和20年9月
八女糧食(有)に社名変更、精麦のほか酪農、製パンなど経営の多角化を図る。

昭和23年7月
八女糧食(株)に社名変更。

昭和27年2月
製粉工場竣工。

昭和28年9月
資本金を2,000万円に増資。

昭和33年4月
農林水産省よりふすま専門工場に指定される(大牟田工場、日産加工能力50.4トン)。

昭和34年9月
専管工場をニューマ方式に改造。

昭和35年6月
本社新事務所へ移転

昭和35年8月
大陽製粉(株)と改称、ふすま専門工場を大牟田より筑後に移転(日産設備能力105.9トン)。

昭和36年9月
専管工場を大改造。

昭和39年2月
飼料用大麦加工工場新設。

昭和39年6月
資本金を3,000万円に増資。

昭和40年6月
資本金を5,000万円に増資。

昭和40年12月
鹿野社長藍綬褒賞受賞並びに喜寿の祝賀会を開く。

昭和41年7月
平和水産鰍ニ合併、登記完了により資本金5,375万円となる。

昭和42年2月
古賀脩平入社、直ちに西独製粉学校留学。

昭和42年10月
製粉日産設備能力138.9トンとなる。

昭和42年12月
博多港那の津の用地買収。

昭和44年11月
鹿野社長逝去、社葬(正六位授与)。
第二代社長に氏原健二就任。

昭和46年3月
福岡飼料工場竣工、操業開始。

昭和48年7月
専管工場を大改造(日産設備能力160.9トン)。

昭和51年5月
第三代社長に鎌谷良蔵就任。

昭和51年11月
食糧庁よりサイロの指定を受ける。

昭和53年3月
資本金を8,600万円に増資。現在地に新本社工場建設開始。

昭和53年4月
大阪中小企業投資育成(株)の投資を受ける。資本金を1億3,600万円に増資。

昭和53年5月
資本金を1億5,000万円に増資。

昭和53年7月
資本金を1億7,500万円に増資。

昭和54年3月
新本社工場竣工(製粉日産能力185.9トン)。

昭和54年5月
新本社工場竣工落成式。

昭和57年7月
本社前にE倉庫完成。

昭和58年6月
第四代社長に古賀脩平就任。

昭和58年8月
製粉工場一部改造、コンセントレーターなど新鋭機を導入。

昭和61年10月
分級機設置。

昭和62年7月
製粉工場 ロール シフター等新鋭機一部導入。

平成元年5月
製粉 口封機設置。

平成2年6月
ミックス粉設備。

平成3年11月
物故者合同慰霊祭。

平成5年7月
新館落成。

平成5年9月
50周年記念式典。

平成8年12月
石臼製粉設備。

平成9年4月
混合飼料設備。

平成13年3月
国際標準化機関ISO9002認証取得。

平成15年4月
国際標準化機関ISO9001(2000年版)認証取得。
[品質マネジメントシステムの適用範囲:小麦粉・飼料の配合設計・開発・製造・販売]

平成16年5月
ピーリング機設備

平成17年1月
ライ麦製粉設備

平成18年9月
定温倉庫設備

大陽製粉株式会社会社概要
本社工場
福岡市中央区那の津4丁目2番22号
TEL:092-713-1771
FAX:092-781-2527
事業内容
農水省指定工場=小麦粉・飼料・サイロ倉庫業
面 積
本社工場・倉庫敷地 11,890.56平方メートル
筑後工場
〒833-0041 福岡県筑後市大字和泉328番地
TEL:0942-52-2141(代)
FAX:0942-54-1659
島原営業所
〒859-2212 長崎県南島原市西有家町須川1583-18
TEL:090-2397-0041
FAX:0957-82-8967
関連会社
株式会社サンエー[食品・飼料・機械類の販売]
〒810-0071 福岡市中央区那の津4丁目2番22号
TEL:092-731-1145(代) FAX:092-714-3726
WEB:http://www.silo.jp/
サンエー

山口運送有限会社[一般貨物運送業]
〒833-0041 福岡県筑後市大字和泉328番地
TEL:0942-53-2454(代) FAX:0942-53-8961
取引銀行
福岡銀行本店
農林中央金庫
日本政策投資銀行

組織構成

組織図

本社所在地

ページトップ